節目の日に。

名古屋市千種駅・車道駅 ピラティスパーソナルトレーナーの大野優子です。

元号が変わりましたね。
こんな季節になんだか大晦日みたいな雰囲気で、
ちょっと不思議な気持ちで今日を迎えました。

や、別に通常どうりなんですけどね。

昭和から平成へとなったときは、昭和天皇が崩御され
TVもラジオも近所のお店もすべてが喪に服し、
ひっそりとした時間が流れてました。
当時私は中学生で、退屈だなーなんてぼんやり思ってましたね。

節目といえば、
小学校から中学、高校へと変わるとき、
新しい制服にテンションがあがったり、
教科書やノートがが真新しくなり、
1ページ目をやたら丁寧にめくってみたり、
心機一転、いっちょやったるかー!
なんて思いませんでしたか?

学生を過ぎ、社会人となりしばらくすると
なかなか環境の変化がおこる場面には遭遇しづらくなります。

もし、何かにチャレンジしようとしてなかなか動き出せなかった人も、
この大きな変化に乗って「えいやっ」と、1歩踏み出してみるのもいいんじゃないかな。

だって、平成から令和になったんだよ!
ね、やるしかないじゃん。
って言い訳できます。(笑)

思い立ったが吉日。
便乗して吉日もありあり。

楽しんで進んでいきましょ。

では、また。

目次
閉じる