毛筆でサラサラ文字を書くように踊りたい

美しく動く身体をつくる
ピラティストレーナーの大野です。

 

ダンスを習い始めて16年たちます。
割と早い時期から、タイトルのとおり
「毛筆でサラサラ文字を書くように踊りたい」と
思いながらトレーニングを続けています。

 

同じ人間が動いているのに
同じ振り付けを踊っているのに
どうしてこんなにも違うのだろう。
どうして自分の思ったように身体が動かないんだろう。

 

「音楽に合わせて動いて楽しかったー!」
それでは満足いかなくなって

あれこれ試して今があります。

 

毛筆で文字を書くときのように
とめ、はね、はらいの緩急ができているか?
書くこと(動くこと)に気を取られ過ぎて
身体を固くしていないか?
大きく書こう(動こう)としてバランスを崩してはいないか?

それが出来るようになるには
何をすればいいのか?


量稽古で
繰り返し練習を重ねることは
大切なことですが、

自分がどんな風になりたいのか?
そのイメージをもって
何をどうしたらいいのかを考えながら
練習をするのかしないのかで
結果は大きく変わります。


結局、
今現在たどりついた答えは、
ダンスの練習のときだけじゃなく
「日常の身体の使い方から変えていくこと。」
と、落ち着きました。

「毛筆でサラサラ文字を書くように踊りたい」
と思うところからトレーニング方法や
身体を整える整体を学び
トレーナーになった経緯があります。

そして、今
日常の身体の使い方を
今よりもっと楽にできるようにと
トレーニングを提供しています。

ただいまモニター募集中です。
ご興味ある方。
やってみたいと思われる方。
詳しくはお知らせをご覧くださいませ!

 

 

 

 

 

関連記事

  1. クセってやつ。

  2. その先の連鎖

  3. 原点となるもの

  4. 最近思うこと。

  5. 何を優先するのか

お問い合わせはこちら

お問い合わせは
下記のフォームからお願いします。

 

お問合せフォーム

プロフィール

大野優子プロフィール

大野優子です

詳しいプロフィール