クセってやつ。

ピラティストレーナーの大野です。
梅雨の中休みか、気持ちのよい青空が広がっています。

さて今日は、クセについてのお話。

ピラティストレーナーが書くことだから、
身体のクセかしら?
と思うでしょ。

ではなくて、ついつい言っちゃう言葉のクセです。

—————————————————-

少し前からお世話になっているダンススタジオがありまして、
こんなやりとりがありました。

久しぶりのダンスレッスンを受けるにあたって

私:最近全然踊ってなかったからそんなに動けないかもしれませんよ~。

オーナー先生:大丈夫ですって(*^^*) でも、優子さん、ダンス始めてどれくらいになるんですか?

私:いや~、もう全然。 大人になってから始めたのでまだ・・・・。

オーナー先生:まだ?

私:・・・16年ですね。

——————————————————-

16年が長いのか短いのかは置いといて、
大人からダンスを習い始めた私は、

うまく出来ない理由を
スタートが遅かった、だから仕方ないよね。

とい言い訳にしていたのでした。( ゚Д゚)ヒエー

発する言葉というのは、なかなか強力で
言葉の通りにモノゴトが進みやすい。

こんな理由があるから仕方ないんだ。
だから出来ないんだ。

そんな言葉は呪文のように身体と心を支配して
自分で進むことを止めてしまいます。

怖いですね~。

自分のクセはなかなか気づきずらい。

もし、なんだかモノゴトがうまくいかない、
思うようにならないと感じているのなら、
発する言葉に注意してみてください。

そして、周りの人に自分の話しクセを聞いてみるのもアリですね。

自戒を込めて、こんなテーマで書いてみました。

ではでは。

関連記事

  1. 節目の日に。

  2. 身体を変えるための方法

  3. そもそもどうなりたかったんだっけ?

  4. スタートラインに立つこと。

  5. 毛筆でサラサラ文字を書くように踊りたい

  6. その道筋あってますか?

お問い合わせはこちら

お問い合わせは
下記のフォームからお願いします。

 

お問合せフォーム

プロフィール

大野優子プロフィール

大野優子です

詳しいプロフィール