その道筋あってますか?

ピラティストレーナーの大野です。

トレーニングを始めて、よく言われる感想の1つに

「やった感がそんなにないのに、動きやすくなった! なんで?」

ってのがあります。

トレーニングといえば、キツくて辛くて
息もゼイゼイ、吐きそう~~(ノД`)・゜・。

というイメージの方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

高負荷なトレーニングは確かにありますが、
正しいフォーム、そしてカラダの状態にあった負荷でないと
効果がでないばかりか、痛みやケガを引き起こすこともあります。

トレーニングを受ける方は、まじめでストイックな方が多くて、
なかには、思うような動作ができずに
できない自分を責めてしまう方もいました。

おそらく、

早く結果を出したい。
もっと出来るはず。

と、とても自分に対して厳しく
高い目標設定にしているのではないでしょうか。

私の父もそんなタイプで、
大きな手術後に体力回復のリハビリを開始したとき、
自分の体力以上の激しい動きにチャレンジしようとしたんですね。

話を聞くと、
「オリンピックの選手はもっと激しい運動してるだろ、
それくらいやらなきゃ治らないだろ<`ヘ´>」と。

(゚Д゚;)エエエエエエ!

違うんだ父さん。
父さんはオリンピック選手じゃないんだ。
パフォーマンスを上げるんじゃなくて、
体力回復したいんだよ。

焦ることなかれ。
早く結果を出したくて、ツライ思いをして
頑張って頑張って頑張っても
方向が違っていたらめちゃくちゃ遠回り。

自分が本当はどんなことに向かって今
何をしているのか。

時には立ち止まって客観視することも大切ですね。

みなさん、行き先間違いにはお気をつけください~。

ではでは。

関連記事

  1. 居心地のよい場所

  2. 節目の日に。

  3. スタートラインに立つこと。

  4. クセってやつ。

お問い合わせはこちら

お問い合わせは下記のフォームからお願いします。

 

お問合せフォーム

プロフィール

大野優子プロフィール

大野優子です

詳しいプロフィール